おいおいニッセイ同和損保自動車保険に加入する前に知っておきたいメリット!

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー
おいおいニッセイ同和損保自動車保険に加入する前に知っておきたいメリット!

おいおいニッセイ同和損保自動車保険に加入する前に知っておきたいメリット!

おいおいニッセイ同和損保の自動車保険に加入するにあたってのメリットが3つあります。

まず1つめのメリットは次のような賠償保険に同時加入できるという点。

賠償保障は対人、対物賠償保障がありどちらも自動加入されます。
・「対人賠償責任保険」は契約した車の自動車事故が発生した場合において他人を死傷させ法律上の賠償責任を負担する場合において保険金額の限度に合わせた保険金を支払ってくれるというものです。これは負傷させてしまった相手方との交渉等を保険会社が担当し、示談交渉を受け持つことができます。

・「対人臨時費用特約」という臨時保証です。これは事故によって死亡させたの方の葬儀等の負担額を臨時費用として被害者一人につき上限20万円支払うというものです。

・「対歩行者等の傷害特約」で主に歩行者や自転車(原付を除く)の方を事故で死亡させたまたはケガで入院させた場合の対人賠償保険での上限を過ぎた額を補償するというものです。

・「対物賠償責任保険」主に他人の自家用車等の財物を損壊させたときに保険金額の限度に応じて保険金を負担してくれるというものです。無制限保険金額、免責金額をなしで契約すると全額保険金負担になりますのでおすすめです。

2つめのメリットは車の緊急時、トラブル時のサポートを受け持ってくれます。
主に自動車が動かなくなった時のサポート、この場合は車が何かしらのトラブルで自走不可能になった場合においてレッカーで出動業者まで手配し現場から修理工場までの引き戻し作業を行ってくれます。

次にバッテリー上がりやタイヤのパンクなどの原因で自力走行が不能になったときに現場へ急行し30分以内の応急作業を無料で行うクイック修理サービスがあります。

3つ目のメリットは、事故発生時の弁護士を保険会社が示談代行できない場合のもらい事故などで弁護士が必要になったときの負担金「弁護士費用等特約」、他人の自動車を臨時借用して運転している際の事故などが発生したの保険金負担「他者運転特約」などざまざまな事故で必要な経費を受け持つ準備のしっかりしています。

契約の際の必要事項は申込の記載と記名被保険者かどうかの確認、補償内容、保険期間、保険料の払い込み方法などの契約が必要です。

気になる保険料は1万から5万円が最大でおおよそ平均額は1万8000円です。
現在同時加入割引キャンペーンも期間2015年12月から2016年の2月まで実施中で、保険に加盟したいと考えている方はまず一括見積もり価格を調べて検討するのもよいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大