スマホ機種変前に確認!LINE(ライン)の引継ぎ方法!

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー
スマホ機種変前に確認!ラインの引継ぎ方法!

スマホ機種変前に確認!ラインの引継ぎ方法!

ライン引き継ぎはとても重要

ラインはスマホやタブレットなどで使用できるコミュニケーションツールのため、非常に利便性が高く現在ではスマホ所有者の多くが利用している欠かせないツールとなっています。

しかしこのラインは一つの端末に一つのアカウントという決まりがあるため、スマホなどを機種変更した場合には今使用しているラインのアカウントを引き継ぎしなければいけなくなります。

この引き継ぎを失敗してしまうと今まで使用していたアカウントは使用できなくなりますし、友達リストや購入したスタンプなどの情報も全て消えてしまうことになります

その為正しい手順を踏んでラインの引き継ぎを行うことが求められますし、異なったOS間での引継ぎにも注意が必要となります。

ラインを引継ぎするには?

ラインを旧機種から新機種へと引継ぎする場合に必要となるのが、ラインアプリ内でのメールアドレスの登録とパスワードの設定となります。

これはラインを引き継ぐ際には新端末で登録したメールアドレスとパスワードの入力が必要となるためで、これを行わずに機種変更をしてしまうとアカウントが引き継ぎ出来ないという状況になります。

設定に関してはラインアプリ内の設定内のアカウントを開き、その中のメールアドレス登録を行えばOKで、その際にパスワードも一緒に設定することになります。

これさえ終わらせておけば後は新端末にラインアプリをインストールし、起動後にメールアドレスでログインを選択すればラインのアカウントは引き継がれることになります。

もうひとつメールアドレス以外で引き継ぐ方法があり、そえがFacebookのアカウントを利用した引き継ぎです。

この場合にはラインアプリ内でFacebookアカウントとの連携を行っておく必要がありますが、それを行えばメールアドレスの登録が無くてもアカウントを引き継ぐことが可能になります。

ただし2016年2月からFacebookでの引き継ぎ方法に変更があり、Facebookアカウントでの引き継ぎの場合、旧端末で引き継ぎの許可を行わないとアカウントの引き継ぎが出来なくなっていますので注意しましょう。

異なるOS間での引き継ぎの注意点

ラインのアカウントはandroidからandroidやiOSからiOSの場合は特に問題なく引き継ぎが出来ますが、異なるOS間での引き継ぎの場合は注意が必要となります。

基本的なアカウント情報に関しては問題なく引継ぎ出来、アカウントの基本情報や購入したスタンプなどの履歴、ゲームの情報やアルバム内の写真、友達リストなども引き継ぎ可能となります。

しかしトーク履歴に関しては同じOS間であれば個別にバックアップすることで引継ぎできるのですが、iOSからandroidという場合にはバックアップデータが引き継ぎ出来ないため注意しなければいけません。

その為どうしても消したくないトーク履歴がある場合には、異なるOS間でのライン引き継ぎに関してはパソコンなどにトーク履歴を残して置くようにするしか手段が無いためその点を理解した上で引き継ぎ作業を行いましょう。

ラインストアはこちら

https://store.line.me/home/ja