鼻うがいのやり方とは?

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s
風邪の予防の為にうがいを行う習慣のある方も多いですが、口でのうがいではなく、鼻うがいを行う方法も有効です。

鼻うがいにはやり方があり、漠然と鼻の中に真水を入れるやり方ではいけないですから、市販の鼻うがい薬を購入したり正しい方法で行う事が必要になります。

鼻うがい時に使う水について

鼻うがいというのは、鼻から専用洗浄剤を利用したり、生理食塩水を入れて掃除する方法であり、これによってウィルスやホコリ、膿等を除去する働きがあるものです。

鼻洗浄と言った方が直観的に解りやすい言葉ですが、鼻奥から喉、中耳の辺りまでを洗浄する事が出来るので、上手く行うと非常にスッキリとします。

鼻の奥に膿が溜まっている方は、正しい方法で鼻ウガイする事によって、膿を出す事も出来ますし、健康効果にも優れた洗浄方法です。

鼻から水を吸った経験のある方なら解りますが、プールに入った時に鼻で息を吸い込むと、鼻や耳の奥が痛くなります。

鼻洗浄でも同様であり、水と体液浸透圧が異なる為にこうした現象が起こり、これを回避させる為には体液同様の浸透圧の食塩水を活用する必要があります。

体液浸透圧は0.9%の食塩水であり、自作する事も出来ますが、不安な方は洗浄液を購入したり、耳鼻科で処方されるものを使うと良いです。

鼻うがいの方法とは

鼻うがいは正しい準備を行ってから実行させる必要があり、0.9%の食塩水を作るなり、市販商品を準備する事が基本になります。

洗面器を活用する事で行いやすくなり、洗面器に適切な値の食塩水をぬるま湯で貯めて、顔を入れて鼻で吸い込む事になりますが、まずは片側の鼻の穴を塞いで吸い込んでいくと良いです。

鼻から吸い込んだ食塩水を出す行為を、片側毎に3回から5回程度繰り返すとスッキリと戦場させる事が出来ます。

こうする事によって鼻奥に溜まった汚れ等が出てきますし、食塩水が鼻の中に残った状態で思い切り鼻をかむのは避けた方が良いです。

鼻粘膜の炎症を起こすリスクもありますから、かるく鼻をかんで排泄させるようにすると良いですし、慣れてくればコップに食塩水を入れて、それを使って鼻うがいを行う事も可能ですが、慣れていない間は洗面器を活用すると行いやすいと言えます。

鼻うがいを行ってみたけれど上手くいかないという場合は、耳鼻咽喉科に相談刷ると良いですし、正しいやり方を指導してくれると安心して行う事も可能です。

医師の指導のもとで行うと安全と言えます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大