名古屋港水族館の見どころ、料金をお得にする方法

名古屋港水族館の見どころ、料金をお得にする方法

名古屋港水族館の見どころ、料金をお得にする方法


名古屋港水族館の名物といえばシャチです!

名古屋水族館の代名詞ともなっているのはシャチです。シャチを見ることのできる水族館は日本で二箇所しかなく、鴨川シーワールドとこの名古屋水族館しかないのです。

シャチはイルカの仲間ですが、肉食性で凶暴な性格であるとされています。時にはクジラやホッキョクグマを捕食してしまうことすらあります。

そんなシャチですが、名古屋港水族館にいるシャチは少し違います。十分に餌を与えられているのに加えて、訓練を受けているので比較的従順な性格のシャチに育て上げられているのです。

今、名古屋水族館にはアース、リンといったシャチがおり、シャチのショーに出演するためのトレーニングを受けています。

水族館内のレストランにはシャチの姿が見れる席があります。写真を撮影する方には絶好のシャッターチャンスとなるでしょう。ド迫力のシャチを目の前に思わず歓声をあげてしまうこと間違いなしです。

名古屋港水族館はシャチだけじゃない!イルカの演技も最高です

名古屋港水族館で有名なのはシャチですが、実はイルカのショーも大人気です。10頭ほどのイルカが並んで潜ったり空中帰りをする様子を見ていると、まるでサーカスを見ているような錯覚におそわれます。

イルカショーが開催されている時にプールの底を窓からのぞくこともでき、イルカの遊泳を満喫することができます。イルカは人懐っこく、飼育員さんとのやり取りを見ているだけで暖かい愛情で結ばれているのを感じることができるでしょう。またイルカの可愛いキーンキーンという超音波の鳴き声も癒やされます。


また名古屋港水族館のイベントの見どころはイルカのショーだけではありません。同じイルカでも北極に住んでいるシロイルカのベルーガを見逃してはいけないでしょう。

ベルーガが他のイルカと違う点は、頭がポッコリと膨らんでいることです。この部位はメロンと呼ばれており、水中で音を遠くまで運ぶのを助ける機能を担っています。

ベルーガのトレーニングの様子も公開されており、ボールを頭に乗せるシーンやボールを口にくわえて運ぶ様子を見ている観客は大はしゃぎになります。

また近寄ってみると、たまにバブルリングという泡のリングを作って吹いてくれます。まるでタバコの煙を吐くような感じで、このバブルリングの形がハート型に近いことから、バブルリングを見に来るカップルが多くなっています。

名古屋港水族館の料金をお得に買う方法

名古屋港水族館のチケットは通常料金で大人が一人2000円です。しかしお得に買う方法がいくつかあります。

まず夕方から入場したいという方には割引が適用されます。17時以降の夜間料金は400円安くなり、大人一人1600円となります。

また年に3回以上は名古屋港水族館に通うという人にオススメなチケットは年間パスポートです。

年間パスポートは大人一人5100円ですので、3回行けば元が取れる計算になります。また年間パスポートを利用すると管内のショップのグッズなどが5%オフになるという特典もついているのでお得です。

また生協のコープあいち組合員であれば、400円割引の1600円で購入できるのでお得です。他にも名古屋を観光でまわるという人は地下鉄や市バスが乗り放題の切符「ドニチエコ」を持っていれば、200円引きになります。

また条件付きですが、身体障害者手帳をお持ちの方は無料になりますし、愛知県在住で65歳以上であれば半額割引になります。高齢者の方と一緒に行く場合は、敬老手帳やシルバー優待証明カードを携帯すると良いでしょう。





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29