Wifiとは?Wifiが繋がらない原因と対処方法

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー
Wifiとは?Wifiが繋がらない原因と対処方法

Wifiとは?Wifiが繋がらない原因と対処方法

Wi-fiとは?

Wi-fiを知るにはまずLANについて知る必要があります。LANとは「Local Area Network」の略で、パソコン同士を通信機器でつないだネットワーク技術のことを指しています。このネットワークと無線でデータの送受信を行うのが無線LANです。

LANとケーブルをつないでデータのやり取りを行う場合は有線LANと呼ばれます。無線LANを使うにはデータと中継する機器が必要で、この機器はルーターと呼ばれています。無線LAN専用のルーターを通じて私たちはパソコンでインターネットをしたり、スマートフォンでメールの送受信をしたりしているのです。

Wi-fiには様々な規格があり、データの通信方式やデータの使用方法などによってIEEE 802.11aからIEEE 802.11nまでの種類があります。私たちが主に通信用として使用しているのはこのうちIEEE 802.11a/b/g/nの4種類です。

Wi-fiが繋がらない原因

Wi-fiは今や皆が使っている技術です。しかし、時につながらないことがあります。原因は電波を飛ばす機器にあるか、電波を受信する側にあるかのどちらかになります。

電波を発信する基地局に問題がある場合は、まず基地局の機器の故障が考えられるでしょう。

定期的にメンテナンスは行われていますが、時には故障で動作不良となることがあります。このような場合を電波障害と呼び、通信が一時中断されます。

次に考えられるのが、基地局からデータを受信するルーターが遠すぎて、データをキャッチできない場合です。このような場合にWi-fiを利用するには、基地局の近くに行くか基地局を新たに増設してもらう必要があります。

また基地局から発する電波が弱くなっている場合があります。多くの基地気局はデータの通信料を一定にしているため、大勢の人が同時に基地局を通してデータ通信をしようとした時にほとんどデータ通信ができないという状態に陥ります。

データ通信は決まった帯域で行われますが、この帯域にチャネルというユーザーごとに割り当てられたデータの通り道が存在しています。複数のユーザが同じチャネルを使用すると干渉といってデータ通信が途切れやすくなるのです。

次にユーザ側に問題がある場合ですが、一つはセキュリティがかかっているために使えないということがあります。これはSSID等のパスワードを入力すれば解除できるでしょう。

他にも屋内や地下などにいて、基地局からの電波が届かない場所にいるときも無線LANが入りにくくなります。またパソコンなどにセキュリティ関連のソフトが入っている場合は無線LANの電波がブロックされることもあります。

Wi-fiがつながらない時の対策

Wi-fiがつながらない時はまず、原因が基地局にあるのかユーザの機器側にあるのかをチェックする必要があります。基地局に障害がある場合は、無線LANのプロバイダーのホームページを見れば機器の障害情報などを確認することができます。この場合は復旧されるのを待つしかありません。

次にルーターがきちんと電波を拾っているかを確認する必要があります。

ルーターの電波のキャッチ状況を確認して電波が弱い場合は、屋外に近い窓にルーターを設置したり、金属のボウルをルータの周りにおいてルータが電波をキャッチしやすいように工夫すると良いでしょう。

それ以外の場合は、ルータの電源を切って再起動するとWi-fiがつながることがあります。またパソコンに問題があるときも同様に再起動すると、Wi-fiに繋がることがあります。