YouTuberが大人気!一体どれくらい稼いでいるのか?




youtuber
日本だけでなく、世界で一番有名な動画サイトといえば、YouTubeでしょう。

一般のユーザーが投稿した動画やアーティストのプロモーションムービー、映画の予告などなど、ありとあらゆるジャンルの動画が日々アップロードしています。特に最近はスマホの台頭で、自宅にいないときでも、外出中に、いつでもどこでも手のひらで動画が楽しめる時代になりました。

そのような中で、生まれたのが「YouTuber」。YouTubeに自分で独自に製作した動画を投稿し、そこに広告を貼ることで、広告収入を得ながら生活をしている人たちのこと。ジャンルは、ゲームプレイ動画だったり、音楽演奏だったり、はたまた政治ものだったり、ある分野で才能がある人達が、オリジナリティがあり、何よりたくさんのアクセス数を稼げる動画を日夜作成・アップロードをしています。

日本では、一番HIKAKINが有名でしょうか。最近では、小学生や中学生もYouTubeに自分で撮影した動画を投稿することもあり、将来の夢は「YouTuber」という子もいるくらい、若い世代を中心に憧れの職業になりつつあります。

ヒカキン ゲームズはこちらから!

ではこのYouTuberは実際、どれほど稼げているのでしょうか。YouTubeの動画チャンネルの詳細情報を調べてくれる「SocialBlade」という海外サイトで調べた結果、HIKAKINは1〜2億円、マックスむらいは2億円ほどの年収があるとか。

サラリーマンをすることを考えると桁違いの収入があることが分かります。このように、YouTubeは成功すれば、会社に行かずとも、家にいて動画を作成・投稿するだけで、一般的な社会人以上のお金を手にできる可能性を秘めている、夢のような動画サービスなのです。ただ、もちろんこのような成功を得られるのは、ほんと一握りの人だけ。

最近ではYouTuberになるために会社を辞める人や、勉強もせずYouTubeへの動画投稿に没頭している学生などもいますが、ほとんどの人は失敗し、後悔することも多いのが現実です。YouTuberに興味がある人は、まずは今の自分の環境を大きくは変えず、試しに動画投稿を経験してから判断されることをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク