流しのタクシーよりもUBERが魅力的な訳とは?

スポンサーリンク
流しのタクシーよりもUBERが魅力的な訳とは?

流しのタクシーよりもUBERが魅力的な訳とは?

アメリカ生まれのUBER

UBERを利用するためには、スマホに専用のアプリをダウンロードする必要があります。
UBERは、スマホから利用したい車種を選択して、配車することができるアメリカ生まれのサービスです。

利用する際には、ドライバーの顔写真と車両情報を確認することができるので安心感も得られるます。それに、マップ上で希望する車両がどこにいるのか調べることもできるので、あとどのくらいで車が到着するのかが分かります。

スマートな支払い方法

UBERに乗った時の料金の支払い方法は、クレジットカードのみとなっています。

UBER登録時に、運賃を支払う際に使用するクレジットカードも併せて登録するシステムになっています。そのため、UBERに乗って目的地に到着して車を降りる際には、お財布やクレジットカードを出す必要がありません。だから、急いでいる時にとても便利なんです。

運転手さんが、目的地に着いた時に乗車履歴を選択→領収書をタップ→利用料金の確認といった感じで、スマートに車を降りることができます。領収書は、降車後しばらくすると登録したメールアドレスに送信されるようになっています。

万が一、請求内容に納得できないと、いった場合は、アプリから問い合わせることができるようになっています。そしてUBERでは、利用者が運転手の評価を行うことによって、運転手のマナーやサービス向上を図っています。評価については、匿名で行うことができるので、思った通りの評価をすることができます。

気になる料金

日本ではまだ東京と羽田空港くらいしか利用することができませんが、徐々にサービスが拡大されていくことが見込まれています。

気になる乗車料金は、スタンダードで以下の料金となります。
・開始料金103円
・毎分67円
・1kmあたり309円
・最低料金823円
・キャンセル料1,029円
高級車両の場合は、メーター料金のほかに500円の予約料がかかり、迎車料はタクシー会社によって異なるそうです。

車種は、トヨタのクラウンロイヤル、日産フーガなどの高級車で、運転手さんが車のドアを開け閉めしてくれます。

最近では、都内を流しているUBERTAXIが何台か走っているそうです。日本では、これからかもしれませんが、海外旅行の際に、UBERを利用すれば、ぼったくりタクシーの被害に遭わずに済むので安心して利用することができますね。また、UBERの公式サイトでは、ドライバーとして登録することもできますので、副業として登録したり、退職後のお仕事として登録するのも良さそうですね。

スポンサーリンク