EU離脱の影響はとは?

EU離脱の影響はとは?

EU離脱の影響はとは?


イギリスがEU離脱に至った事情

EU離脱が現在トップニュースとして取り上げられていますが、そもそもどうしてイギリスがEUを離脱したのか、それによってどのような影響があるのかが解らないという方も多いです。

簡単に言えばイギリスが離脱したのは主導権回復や移民問題が大きな要因になっており、EUに組み込まれている時には自国の思惑による政策よりも、EUの思惑に振り回される状態であり、古き良き時代のイギリスを知る高齢者にとっては、昔のように自国の判断によって経済や政策の舵取りが出来る状態を望んでいた傾向があります。

EUは人やモノ、金が自由に行き来出来るルールになっており、イギリスには移民や難民受け入れの数が多く、治安悪化や自国民の雇用不安定化等が問題になっていたのですが、今回の離脱ではそうした移民をこれ以上受け入れるわけにはいかないという意思も働いているものです。

難民には社会保障が手厚いイギリスは人気があり、EU加盟国は移民受け入れの拒否が出来ないルールがありますから、移民制限や拒否には離脱という選択を取る必要があったいう事情もあります。

難民や移民を受け入れる事で独自文化が無くなっていったり、イギリス国民の税金で賄ったりと、国民負担が大きかったのは離脱の大きな理由です。

イギリスのEU離脱による影響とは

実際に選挙によって離脱が残留を上回りましたが、票の内訳をみると若者になるほど残留、高齢者になるほど離脱という世代別の票がくっきりと割れており、今回の判断は主に高齢者の票によって決まった面もあります。

イギリスでは現在若者中心に不満が噴出しており、若者が今後欧州圏でイギリス以外の国で働くハードルが高くなったり、一時的に雇用や社会不安定化等が起こり、世界中の経済に影響を及ぼす状態です。

まずはイギリスのマーケットの地位が落ち、大きく分ければ世界は3つの都市を中心にしてマーケットが回っており、アメリカのニューヨーク、中国の上海、イギリスのロンドンが中心でしたが、今後は金融機関等がロンドンを拠点にせずに他の国に出て行く可能性が高いです。

他の大手企業でもイギリスに会社を構えている所は多く、関税が無い状態でヨーロッパマーケットで商売が出来ていたのですが、今後は関税が絡んでくる為に撤退する企業も増える事になります。

そうなれば失業者も続出する事になり、現在は統計上では100万人近く雇用が失われると言われている状態です。

通貨ではポンドやユーロが売られる事になり、日本の円は安全通貨とされますから円高に進んでいく可能性が大きく、現在の日本の円安株高政策に大きな影を落とす事になり、各国連携の介入が必要になったり、理解を得られない場合は急激な円高に進んでしまう事もありえます。

イギリスにとってポンド安が起こるという事は、他国から何かを購入する時に沢山のお金を支払う必要が出てきますから、結果的にイギリスの財布事情が厳しくなるという事です。

それがEU全体にも波及して、世界中に影響を落として世界経済発展の足かせになるという事が予想されています。





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29