固定資産税の減免、減税はどんなときか

固定資産税の減免、減税はどんなときか

固定資産税の減免、減税はどんなときか



固定資産税というのは知っている人が多いと思います。新築を建てたり、マンションを購入したら、必ず払わなければいけません。都市部に行くほど固定資産税は高く、かなりの負担になります。自分の家を持つのとアパートを借りるとの違いは固定資産税などの税金を払う必要があるかないかだと思います。しかし、固定資産税は条件にあてはまれば減税してもらえます。では、どんな場合に減税してもらえるのかを紹介します。

土地に対しての減税

私有地であっても、減税される場合があります。それは、不特定多数の人が利用している、道路から1.8m以上離れている、公道から公道に通じている、客観的に道路といえるものです。これらに当てはまっていれば減税してもらえます。しかし、減税してもらえるには、書類を提出しなければいけないので、必ず自分で提出しましょう。また、不特定多数の人が通行している土地を所有している人は、自治体の税事務所へ問い合わせてみてください。

家屋に対する減税

認定長期優良住宅に対する減税処置、耐震化のための建替えを行った住宅に対する軽減処置、耐震化のための改修を行った住宅に対する軽減処置、バリアフリー改修を行った住宅に対する軽減処置、省エネ改修を行った住宅に対する軽減処置などがあります。これらのどれかに当てはまれば固定資産税を減税してもらえます。

減免になる場合とは

また、固定資産税を減免になる場合もあります。例えば、生活困窮のために公私の扶助を受ける方が所有する固定資産、災害や天候の不順により固定資産が著しく価値が減った場合、家屋が火災などで甚大な被害を受けた場合、などです。これらの事が起こると減免になり固定資産税を払わなくて良い可能性があるので、市役所に行って相談してみると良いです。また、減免といってもすべて払わなくて良い場合と一部減免になる場合と様々ですので、市役所で聞く事が大切です。

このように、固定資産税は様々な理由で減税になったり、減免になったりします。ですが、条件があるので自分が条件に当てはまっているかを確認する事が大切です。そして、当てはまってると思ったら市役所に相談しに行きましょう。このときに、自分で市役所に相談しなければ減免にはなりません。自分で動かなければいけないので、自分で申請をおこなってください。また、分からなければホームページを読んでしらべてみましょう。減免になれば多少は負担が減ります。少しでも生活が楽になるために、必ず相談してみましょう。





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29