意外と知らないETC明細確認方法と割引について

スポンサーリンク
意外と知らないETC明細確認方法と割引について

意外と知らないETC明細確認方法と割引について

自動車産業の成長により、私たちの身近な機能、利便性が向上してきました。
そして今カーナビゲーションやHIDといった自動車に装着されている物の中で、一番装着率が多いとされているのが、ETCです。

そんな便利な機能を持つETCには、意外と知られていない機能や、ディーラーの説明のみで終わってしまっている、説明書を閲覧しない等、身近で便利になればなるほど意識せず目を通さなくなってしまうものです。
しかし、便利で身近なETCほど、どれくらいの金額を利用したのかわかりにくいのも難点です。
では、一体どのような確認方法が出来るのでしょうか?

ETC明細確認方法

一般的にETCの明細といえば、毎月振り込み用紙が同封された封筒の中に、先月の利用料金額が記されていたりします。

しかし、この状態での利用だと、いついつに何円使用したのか?途中の支払い合計を閲覧する事が出来ません。

その場合には、ETCで利用した料金の請求場所はクレジットカード会社にお知らせされるので、最近ではクレジットカード各社でインターネット上で閲覧する事が出来るサービス(例としては三井住友VISAだと、Vpassというインターネット明細確認サービス等)から、ETCでど
れくらい使用したのか?を確認する事が出来ます。

しかし、この方法はETCのみでいくら使ったのかを自分で計算する必要があります。
そこで、ETCの利用料金のみを確認する事が出来るサービス、ETC利用照会サービスを登録する事で簡単に明細を確認する事が出来ます。
明細の確認と同時にETC利用紹介サービスでは、過去の利用明細、利用証明書といった細かい所も全てカバー出来ます。
また、ETCでは現金支払いにはない割引サービスが受ける事が出来ます。

ETCのみに適用される割引

代表的なのが、休日割引というものです。
土日祝日の休みの日に約30%割引されるサービスとなっています。

では土日祝のみなのか?と思われる所ですが、NEXCO西日本、東日本ともにマイレージ登録をするだけで、平日朝6から9時、夕型17から20時の間のみ割引されます。

この平日割引は、使用回数に応じて無料で通行できるサービスを行っているので、マイレージに登録しておいて損はないでしょう。

また、深夜ドライブに行く際にも深夜帯は0時から4時までどの車両でも30%割引が適用されます。

その他、利用料金別で割引されるサービスが存在したり、同じ高速道路を再利用する際に割引されていたりとETCの利用一つで幅広い割引を受ける事が出来ます。

スポンサーリンク