ステイタスが高いカードダイナースカードの特徴、メリットとは

スポンサーリンク
ダイナースカードの特徴、メリットとは

ダイナースカードの特徴、メリットとは

ダイナースカード、自分の周りではあまり見かけないクレジットカードだと思われている方、これを持てる人にはそれなりの関門があるのです。
そこで、ここではダイナースカードの特徴とメリットについてご紹介しましょう。

1.ダイナースカードの特徴

ダイナースカードの特徴といえば、もちろん、それなりのステータス収入がある人しか持てないということです。

基本的に今社会人になったばかりの人、もしくは社会的ステータスも無く、収入、会社においてもそれなりのステータスについていないという方はこのダイナースカードを持つことはできません。

ダイナースカードの特徴として、社会的ステータスについている方と、ある程度の年収を得ている人というのが条件で、誰しも好き勝手に取得できないクレジットカードとなっています。

2.ダイナースカードにはいればETCカードの年会費は無料

もちろん高額年収者をターゲットとしているクレジットカードなので、ダイナースカード自体の年会費はかかるのですが、それ以外に付属するシステムへの年会費は安く収まることがります。

それは、ETCもそうです。
特に、車を所持していてよく高速道路に乗るという方はETCの値段が気になりますよね。
ダイナースカードを持っている方の場合、ETCの年会費は無料です。
ほとんどは有料なことが多いので、この点に関してはいおいしいですよね。
もちろん、その発行手数料も無料となります。
ただし、これは2012年7月16日発行分からとなっているのでご注意ください。

3.マイルを対等に交換できる

一般的なクレジットカードであれば、ショッピングなどで得たポイントをマイルに変更することができるのですが、大体2ポイントとって1マイルなど、飛行機に乗って得るマイルよりもだいぶ少なくなってしまいます。
ですが、ダイナースカードを利用することで、ダイナースクラブカードのポイントを航空マイルに移行することができます。
その際には、1,000ポイント変換する場合、1,000マイルを交換できるというレートとなります。

こういった1対1の換金ができるクレジットカードはなかなかないので、それだけでもダイナースカードを自分のメインクレジットカードとして使っていただくのもメリットとなります。
ちなみに、ビジネスやファーストクラスをダイナースカードを利用すると、最大2%のポイント還元がされることもあり、かなりお得です。

持てる人だけが持てるダイナースカードですが、やはり持つことによってそれなりの特典が付くので使作れるポジションに居る方は作っておいても損は無いでしょう。

スポンサーリンク