全国の主要都市に住む人なら是非持っておきたいスイカカード

スポンサーリンク
全国の主要都市に住む人なら是非持っておきたいスイカカード

全国の主要都市に住む人なら是非持っておきたいスイカカード

意外とわかりづらいスイカカードの利用範囲

東日本の交通系ICカードでメジャーとなっているのがスイカカードです。

「Suica」の愛称で親しまれているこのカードは利用範囲が広いことで有名です。スイカは他の交通系マネーカードと相互利用の協定を結んでいるので、実はスイカ以外の交通網でも利用できるのです。

例えば首都圏であれば、メインの交通手段であるJR東日本で使えるだけでなく、地下鉄のPASMOエリアでも使用することができます。

北海道ではJR北海道のKitacaカードのエリア、仙台エリア、新潟エリア、JR東海のTOICAエリア、中部地方のManacaエリア、JR西日本一帯を占めるICOCAエリア、香川県のIruCaエリア、JR九州のSUGOCAエリア・nimocaエリア・はやかけんエリアなど全国各地でスイカカードを使用できます。

スイカカードを利用できるか否かの見極めが難しいのが、こういったカードを利用できるエリアの中間にある地域です。比較的マイナーな私鉄などを利用する際にはスイカカードに対応していないことがあるので注意が必要です。

また東海道新幹線のように、複数のエリアをまたぐ場合にはスイカを利用できません。一つのエリア内ではスイカカードを利用できますが、エリアを超える場合はスイカカードを使えないというルールを覚えておくと役立ちます。

エリア内でスイカカードが使用できるかどうかは、相互利用のシンボルマークである「IC」と書かれたマークの有無をチェックすると良いでしょう。

バス会社でもスイカカードを利用できますが非対応のバスもあるので、バスで利用するときには事前にホームページなどでスイカカードが使えるかを調べておくことをオススメします。

スイカカードを利用する4つのメリット

スイカカードを使う1つ目のメリットに、切符を買わずに済むという点があります。スイカカードの利用可能範囲は全国の主要都市に広がっているので、たいていの電車移動であればスイカカード1枚で済ませることが可能です。

2つ目のメリットはクレジット機能付きのスイカカードであれば、オートチャージが可能となる点です。スイカ機能付きではビューカードが有名です。オートチャージでは、スイカカード内の残額が一定金額以下になると、自動でお金を引き落としてチャージしておくれます。この機能があれば、いちいち改札でチャージをする手間が省けるので非常に助かります。さらにビューカードでスイカにチャージするとビューサンクスポイントというポイントが付与されます。ポイントを貯めれば素敵な商品と交換することもできるのでお得です。

3つ目のメリットは交通手段以外にも、コンビニやキオスクがでスイカカードが使用できる点が挙げられます。現金を持ち歩いたりレジで小銭を探したりしなくても「スイカで支払ます」と一言店員に言うだけで、あっという間に決済が完了します。代金支払い時のストレスが少ないので非常に便利です。

4つ目のメリットは、カード自体を財布から出す必要がないという点です。通常クレジットカードなどは、財布から出して店員に渡す必要がありますが、スイカカードなら読み取り装置にかざすだけで十分です。また薄い財布であれば、財布にしまったままの状態で読み取り装置にかざしても平気です。財布からカードを取り出さなくて良いので手間が少なく済むのです。

スポンサーリンク