車の燃費を良くする方法

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー
車の燃費を良くする方法

車の燃費を良くする方法

車を所有している人なら、車を購入する資金でだけではなく、毎月のコストが意外とかかるということにお気づきでしょう。毎月のコストを少しでもカットしたいと思うものですが、どこを削ることが出来るでしょうか?

まず考えられるのは車の燃費を良くするということです。車の燃費は車種によって決まっているか、良くすることは難しいのではと考える方もいらっしゃいますが、車の管理や運転の方法によって燃費は変わってきます。では実際にどのようにして車の燃費を良くすることが出来るのでしょうか?

無駄な加速を避ける。

車を走らせていていつ、ガソリンを多く使用するかというとそれは、発進するときです。動いていない大きな鉄の塊である車を動かすわけですから、一番エネルギーを使用するということはわかりやすいのではないでしょうか?その時にアクセルを思いっきり踏んで加速するなら、エンジンはフル回転して、そのためにガソリンを多く使用します。ですから発進の時に、ゆっくりとアクセルペダルを踏むなら無駄にガソリンを消費せずに燃費を改善することが出来ます。また、発進してからも、急にアクセルペダルを強く踏むのでなく、ゆっくりと踏むようにしましょう。

通渋滞を避ける

交通渋滞に巻き込まれると、運転手にもストレスがかかりますが、車にも負担になります。走行距離は進まないものの、エンジンはかけ続けていなければならず、発進と停車を繰り返すからです。それで、出来たら交通渋滞を避けるのは燃費改善に役立ちます。たとえば、少し遠回りになったとしても、交通渋滞がなければ、そちらの方が燃費は良いですので、その点を考えてルート選択をしましょう。また同じような点ですが、アイドリングをしている時間もガソリンは消費してしまいますので、駐車時などで必要なければアイドリングを停止しましょう。

車の冷暖房の調整によって。

車にのている時に快適に運転したいと思って過度に冷暖房を使用していないでしょうか?私たちの家で冷暖房を使用すると電気代となって跳ね返ってきますが、車の中で冷暖房を使用すると、ガソリン代となって帰ってきます。それで、春や秋など必要のないときには冷暖房を使用するのを控えましょう。暑い夏や寒い冬で冷暖房を使わないのは実際的ではありませんが、その温度をいつもよりも控えるなら燃費が良くなります。またエンジンをかけて最初の時に冷暖房を強めにかけるとかなりガソリンを消費しますので、少しエンジンが温まってきてから冷暖房を使用するだけでも燃費は改善します。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大