迷わない!年末調整の保険料控除

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー
迷わない!年末調整の保険料控除

迷わない!年末調整の保険料控除

仕事をしている人間にとって毎年欠かせないものといえば、年末調整ですよね。
毎年見てみてもよく分からないという人も多いでしょうが、決してそこまで難しい物ではありません。

年末調整とは?

お給料は様々な税が天引きされた上で支払われています。
しかし、会社員や公務員の方はその際に源泉徴収されている所得税の合計と本来納税する所得税額は必ずしも同じ金額になりません。
というのも給与から天引きされた所得税額には生命保険控除や医療費の支払い等が反映されないからです。
そのため、書類を提出することによって「年末調整」を行って正しい所得税額を出して、清算するというわけです。

保険料控除申告書で出来ること

年末調整の際に提出する書類が保険料控除申告書、正式名称は「給与所得者の保険料控除申告兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」といった名称になります。

保険料控除申告書では、生命保険料控除、地震保険料控除、給与所得者の配偶者特別控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除といったことを申告することが出来ます。
ほとんどの人が関わる物もあれば、そうでない物もありますね。

これらの保険で支払った物がある場合には今年中に払った・払う予定の保険料の金額を記入するということになります。

具体的な記入方法とは?

上述したものを全て関わっているという人もいれば、全く関わっていない場合もいるでしょう。もし、全く関わりがないのであれば、1番上にある氏名と住所を記入して押印をするだけで大丈夫です。

ただ、多くの社会人の方は生命保険料控除は関わりがある人が大半なのではないかと考えられます。

これは、共済・生命保険会社に保険料を支払っている人が記入する必要があります。
一般生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料に別れています。
保険会社・保険の種類・期間・契約者名・受取人・新旧区分・支払った金額を記入したら書かれている計算式に当てはめて金額を計算しましょう。
他の記入欄は結婚しているか、特定の職業に就いているか、子どもがいるか等によって記入の必要があるかどうかが大きく別れてくると思います。
なので、具体的な記入方法は省略しますが、検索すればさらに詳しく説明しているサイトもありますよ。

家族の金銭事情をある程度知っておこう

年末調整をスムーズに済ませるには家族がどのような金銭の受け取り方をしているかを知っておくことが必要です。
事前に家族がどのくらいの収入か、どのような保険を払ってきたか等をきちんと見直しておけば迷うことは大分少なくなりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大