新しい決済方法 Apple Pay

スポンサーリンク
新しい決済方法 Apple Pay

新しい決済方法 Apple Pay

Apple Payとは?

Apple PayとはiPhoneを利用した新しい電子決済サービスの事です。iPhone にSuica、クレジットカード、プリペイドカードを登録して使うことができ、iPhoneをかざすだけで支払いの全てを済ませることができるようになります。

電車に乗るときにはSuicaを取り出し、店での支払いにはクレジットカードを取り出す、という煩わしさから解放され、持ち歩き、取り出すのはiPhoneだけでよいことになるのです。まさに最先端の決済方法です。

因みにこれに対応しているのは、iPhone7、iPhone7 Plusになります。iPhone6でもApple Payに対応したウェブサイトでの支払いなら利用できますが、店舗や交通機関の支払いには対応していません。

Apple PayでSuicaを使う

Suica、My Suica、 Suica 定期券のプラスチックカードをiPhoneのWallet Appを使ってApple Payに追加することでSuica上で利用できるようになります。追加方法はとても簡単です。

Wallet Appを開いて、プラス記号をタップし「次へ」をタップしてから、「Suica」をタップします。プラスチックカードの裏面に記載されているカード番号の下 4 桁を「カード番号」欄に入力します。

My SuicaやSuica 定期券の場合は生年月日を入力します。そして後は、SuicaをSuicaの上に置きSuicaの残額やSuica定期券の情報を転送するだけです。これでSuicaはiPhoneの中に入り、もうプラスティックカードを持ち歩く必要はなくなります。

Apple Payで設定したクレジットカードを使って、Walletの中で直接Suicaにチャージすることもでき、Suica定期券の更新もできるので券売機を使う必要もなくなります。

クレジットカードやプリペイドカードを追加する方法も簡単でWallet を開いて「カードを追加」をタップし画面の案内に沿うだけです。iPhoneだけで交通機関を利用したり、店で買い物ができるようになるのです。Apple PayはApple Pay、Suica、QUICPay、iDに対応している所で使うことができます。

Apple Payのセキュリティー

支払いの全てがiPhoneだけで出来るようになるのは便利な反面、様々なカード情報を一つにまとめてしまうことに不安を感じる方も多いでしょう。

特にクレジットカードは不正利用されることも多いので取扱いには慎重になるでしょう。Apple Payのセキュリティーはどうなっているでしょうか。

Apple Payでは実際のクレジットカード番号を使う代わりに独自の番号を割り当てているため、Appleがカード情報を加盟店と共有することはなく、また、決済の詳細を保存しないので、決済の情報から個人が特定されることもありません。

ですから、直接カードを使ってカード情報をさらすよりもセキュリティー面では安全と言えます。

より便利でより安全な新しい決済方法であるApple Payをこの機会に初めて見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク