住信SBIネット銀行の様々なメリット

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー
住信SBIネット銀行の様々なメリット

住信SBIネット銀行の様々なメリット

○インターネット取引できる上に金利が高い

住信SBIネット銀行はいわゆるネット専業の銀行です。
そのため一般的な銀行には見られない、ネット専業の銀行ならではのメリットがあります。
まず一つはインターネットで24時間いつでも取引できると言う点です。
わざわざ銀行の窓口に出かけると言った手間はかからないです。
二つは一般的な銀行よりも実店舗にかかる経費が少ないため、その分預金の金利が高いと言う点です。

近頃では超低金利時代となり、銀行の定期預金を組んでも中々増えない状況です。
定期預金を組むときは、少しでも高い金利の銀行を選びたいところです。

○お得なATM利用手数料

ネット専業銀行に口座開設するときに気になるのがATM利用手数料です。
預金の金利が高くても、ATMから引き出しするたびに利用手数料がかかるのでは意味が無くなってしまいます。

1回当たりの利用手数料は108円とわずかでも、引き出し回数が多くなるとかさんでいきます。
年10回引き出しすれば、利用手数料だけで1080円になる計算です。
住信SBIネット銀行ではランクに応じたATM無料回数が設定されます。
ランク1からランク4まで4つのランクがあります。

ランク1では月2回まで無料、ランク2では月5回まで無料、ランク3では月7回まで無料、ランク4では月15回まで無料です。
ランク2の条件を満たすには普通預金、定期預金、外貨預金などの合計で1000万円以上必要です。
ハードルが高めですがランク1でも月2回無料になるため、頻繁にATMから引き出しはしないと言う方なら問題無いです。

SBIレギュラーカードで1ランクアップ、SBIワールドカード、SBIプラチナカード、SBIゴールドカードで2ランクアップとSBIカードを作成すると優遇されます。
全国に提携ATMがたくさんあるため、地方に住んでいる方でも困らないです。

○SBI証券との相性が良い

住信SBIネット銀行ではSBIハイブリッド預金と言うSBI証券との相性が良い預金を用意しています。

株式投資を行うには証券会社に口座開設し、入金することが必要です。
もし入金不足のときは株式の購入ができないため、追加で入金しないといけないです。
このときの入金作業が面倒なことがありますが、SBIハイブリッド預金ではSBI証券口座と連携しており手間がかからないと言うメリットがあります。

SBIハイブリッド預金がそのままSBI証券口座の買付余力に反映されると言う仕組みになっているのです。
さらにSBIハイブリッド預金には金利が高いと言うメリットもあります。
SBI証券口座に入金したまま、円普通預金に入れたままより、SBIハイブリッド預金に入れたほうがお得です。

住信SBIネット銀行ログインはこちら

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i040102CT