さくらインターネットのサービスについて

さくらインターネットとはどんなサービスを提供しているのか?

さくらインターネットとはどんなサービスを提供しているのか?



さくらインターネットはIoTやVPS・クラウドそしてデータセンターやサーバーなど、インターネットを介した様々なサービスを提供しています。

主な事業内容

さくらインターネットの中で最も成長している事業がVPSやクラウドサービスになります。
クラウドサービスは、操作性を向上して誰でも直感的に使用できるように工夫されていて、顧客の社内システムをクラウド化して管理運用を行えるようになっています。

VPSとは1つの実際に存在するサーバー上に仮想的なサーバー空間を構築して運用を行う、バーチャルプライベートサーバーになります。

さくらインターネットでは、複数台を管理できるコントロールパネルを装備していて、顧客の社内で使用するローカルネットワークの構築を行えるようにしています。
そして、これからの技術として今注目を集めているのが、高火力コンピューティング基盤になります。
高火力コンピューティング基盤は、自ら学習を行うことでディープラーニングや人工知能研究などを行うために提供されていて、この度産業総合技術研究所と先端素材高速開発技術研究組合が共同運営するスーパーコンピューターに選ばれました。
そして、最近のセキュリティへの意識の高まりに応えるために、さくらインターネットが提供するクラウドサービスには2段階の認証機能をつけたり、Webの改ざんを検知するサービスなどを提供しています。
レンタルサーバーでは急激なアクセス増加にも対応できる機能もつけて、急なアクセスにによるサーバーダウンを防ぐように工夫されています。

社内体制や事業方針などについて

社内の体制としては、顧客の様々なニーズに柔軟に対応するために、短期間でも新しいサービスを提供できる体制を整えていますし、それでいて過去の実績の蓄積によって、コストを軽減してコストパフォーマンスを上げています。

そして、開発から運用までを自社で行うために必要な優れた人材の確保と育成を行っています。

そして、これから成長する可能性がある分野に集中して資金を投資していくとともに、営業セミナーを率先して行うことで顧客との接点を増やし、パートナー企業や顧客を増やす対策の強化を行っています。

その一方自社のセキュリティ対策の強化を行っていて、日本シーサート協議会に加盟をして、加盟している各社とサイバー攻撃などに対する情報を共有して、より効率的な対策を行っています。

自社への不正アクセスなどに対するセキュリティの強化

自社内で不正アクセスを検知できる体制を確立し、不正アクセスに対してブロックを行うと同時に、不正アクセス者自信がサイバー攻撃の踏み台になっている可能性を考慮して、不正アクセス者に状況の確認と対応手段を提供しています。

多量にデータを送り込んでサーバーダウンを狙うDoS攻撃に対しては、リアルタイムに検出を行って速やかに対応しています。

さくらインターネットログインはこちら

https://secure.sakura.ad.jp/auth/login?url=https%3A%2F%2Fsecure.sakura.ad.jp%2Fmenu%2Ftop%2Findex.php





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29