fedexの追跡方法について

fedexの追跡方法について

fedexの追跡方法について



40年以上の歴史を誇る、国際エクスプレス貨物として知られているfedexは、空港などでも、その専用飛行機を見たことがある方は多いはずです。
さらに、起業を通じて利用したことがある方も少なくないですよね。
そんなfedexの追跡方法についてご紹介させていただきたいと思います。

1.追跡番号が必要

今は、日本の宅配便を思料する際にも、必ず追跡番号というものをもらうことになっています。
fedexを海外で利用した場合、それはトラッキングナンバーという名前で一般的には通じますので、こちらも覚えておいてくださいね。
この追跡番号は、送り手がその荷物をfedexを使って配送した際に必ずもらうことができますので、自分に送られてくる荷物の状況を確認したいのであれば、追跡番号を送り手からもらう必要があります。
通常は、この追跡番号は12桁となりますので、それ以下の桁数であれば「これは追跡番号ではないな」と思って大丈夫です。

2.荷物の追跡方法

送った(送られてくる)荷物の状況を確認するためには、fedexのサイトを開けましょう。
「fedex(スペース)追跡」とすれば、すぐにそのページが出てきますから、そこをクリックします。

そこを見てもらうとわかるように、まずは追跡番号を入力します。
1つの荷物に関して1つの追跡番号がつくので、いくつか調べる荷物がある場合には、一気に1件から30件まで追跡番号を入力することができますので、いちいちに持つごとにチェックする必要はありません。

それ以外には、出荷日、仕向国などを入力し、最後にエンターを押せば、その荷物の状況が出てきます。
ただし、この追跡番号は再利用されていますから、あまりにも自分の荷物がこんな所にあるわけないだろうとか、「すでに到着」というような表示があった場合には、荷物荷動きがないと思っていただいて結構です。
そして、翌日にまたその状況を核にしてみましょう。
そうすれば、多くの場合、荷物は動いています。

3.荷物が届かない場合

「到着」と、追跡番号を見るとなっているのに荷物がついていない場合、上記のように、番号の再利用のため、新たな(あなたの)荷物が出荷されていないという場合もあります。
他にも、配達予定日が出ていたのに、それを過ぎているという場合は、何らかのアクシデントがあったり、結局は配達予測ができなかったという場合がありますので、気になる際には、近くのfedexに連絡してみましょう。
その際にも追跡番号が必要となることが多いので用意しておきましょう。

fedexの荷物の追跡は、インターネットがあればすぐにできますので、どんどん利用して、荷物の状況確認をしましょう。

http://www.fedex.com/jp/





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29