引越しの際に必ず必要とされる転居届(転出届)について知っておこう!

引越しの際に必ず必要とされる転居届について知っておこう!

引越しの際に必ず必要とされる転居届について知っておこう!



私はこれまで5回ほど、社会人になって転宅を伴う転勤を行ってきました。そこで、私なりの効率の良い住所変更について説明させていただきます。

私は、まず、住所を変更する上で、事前に行うことと、後日行うこととに分けて行動します。

まず事前に行う手続きについて

事前に行うべき手続きですが、転出届が必要となります。市役所などの窓口で、身分証明書(運転免許証・パスポートなど)と印鑑を持参し、転出証明書を発行してもらう必要があります。

また、電気、ガス、水道をいついつから止めていただくよう各会社に電話します。つまり、私はいつからこの部屋を出て行きますと宣言しといて、それ以降にかかる光熱費は私でないということを伝えるためです。

また、立会いが必要な場合もあるため、最終日がいつになるのかを事前に連絡しておく必要があります。

そして、もう一つ重要なことは、郵便物の転送届です。これはとても重要な作業です。その理由は、郵便物としてくる書類に基づいて、のちのち住所変更をする必要があるからです。例えば、銀行やカード関連、証券会社など、住所の変更を後日にでも必ず申請しなければならないものに関しては、後日、必ず忘れないようにするためにも郵便物の転送届けは必要不可欠となります。


後日、行うべきことについて

次に後日、行うべきことですが、まず、転入届が必要となります。引越し後、14日以内に転居先の市役所などへ届けが必要となります。転出証明書、身分証、印鑑を持参して手続きすることとなります。また、電気、ガス、水道などに関しても新居において手続きが必要となります。

転居前に住所が確定していれば、事前に連絡することで対応がスムーズになることもあります。但し、立会いが必要な手続きもあるので、転居時期が明確となっており、転居場所も明確になっているのであれば、事前に連絡することをお勧めします。

運転免許証に関しては新居近くの管轄の警察署で住所変更をすることができます。その際、実際にその新居に住んでいるのかどうかをチェックできるようにその新居で自分宛に届いた郵便物を一緒に持っていくなど証明する必要があります。

あとは、郵便物が新居に届き次第、住所変更がまだされていない案件に対して、随時住所変更をしていく必要があります。もちろん、お電話で対応してもらえる案件もあれば、書類で提出しないといけない案件もありさまざまですが、郵便物の転送届けは1年間有効であるため、その間に済ますことができれば問題ありません。

手続きで事前に実施すべきことと後日すべきこととをきっちりを分けて対応することが一番効率が良いやり方と考えます。

TVCM放送中!最大50%引越しが安くなる【引っ越し侍】

全国200社以上の引っ越し業者の中から一番安い業者を探せる!

>>無料見積もりしてみる





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29