知っておきたいマイナス金利のメリットとデメリット

マイナス金利とは

2016年の2月に景気対策の一環としてスタートしたマイナス金利なのですが、実際のところどのような対策なのかイマイチ理解していない人も多いのではないでしょうか?

マイナス金利というと自分が銀行にお金を預ける時もそうなのかと言えばそんなことはありません。

銀行が日銀にお金を預ける時だけマイナス金利となるので、銀行は日銀にお金を預けず他に回すようになるので日本経済にお金が流れるようになるといった仕組みです。つまり銀行が日銀にお金を預けると損してしまうので融資などに積極的になることで市場にお金が出回ります。

マイナス金利によるメリットとは

それではマイナス金利のメリットについて挙げていきます。銀行は日銀にお金を預けると0.1%の金利分お金を支払うことになるので、これまで日銀に預けていたお金を企業、個人に融資します。

だから住宅ローン、自動車ローンの金利が下がります。さらに出来るだけ銀行側もお金を融資したいのでローンの審査基準が緩和されお金が借りやすくなるのです。つまり一般市民にとってマイナス金利はお金を借りるチャンスと言えます。

マイホームや車の買い替えを検討している人はこの機会に是非銀行の融資を利用することをお勧めします。またその結果として住宅、車の販売数がアップし不動産業界、自動車業界に関連する企業は売り上げが上がるのでそれが給料やボーナスに反映する可能性があります。他にも日本円ではなく外国の通貨を持った方が金利が高くなる可能性が高いので外貨を購入した方が得と考える投資家が増えると円安になります。

円安になれば日本のモノが外国で売れる、日本への観光客が増えるといったメリットがあるので旅行業界や外国人の観光客が多い土地はホテル業界、飲食店、お土産屋などにもいい影響を与えてくれます。

マイナス金利によるデメリットとは

一般預金者はマイナス金利にはなりませんが、それでもマイナス金利が実施されたことでネットバンク、メガバンク、都市銀、地方銀行、郵便局など軒並み金利が下がっているのが現状です。

他にもデメリットとして長期的にマイナス金利が続く様なら手数料が上がったり、これまで無料だったATM手数料が有料となる恐れがあります。

銀行自体が収入が減りこれまで通りのサービスを行うことが難しくなるのです。あとマイナス金利の影響で株価や為替の急激な乱高下が起こり、この影響を受けた投資家も少なくないと言えます。





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29