簡単にできる、自動車の名義変更



中古車を購入した、譲ってもらったなどの時、皆さんは名義変更はどうしていますか?大抵の場合購入した車の販売店、もしくは車関係のお仕事をされている人に頼むことが多いのではないでしょうか。販売店などに名義変更をお願いした場合、結構な金額を要求される事も多いのですが、実は自分で行ってしまえば大変安く名義変更を行う事が出来ます。そこで、軽自動車も含む自動車の名義変更の方法をご紹介したいと思います。

必要書類について

まず用意して頂くのは、
*車検証
*旧所有者の印鑑証明
*新所有者の印鑑証明(軽自動車は共に不要)
*旧所有者の委任状
*新所有者の委任状(自分が所有する為の車を自分で名義変更する場合は不要)(軽自動車は共に不要)
*新使用者の車庫証明(軽自動車も必要です)
*譲渡証明書(軽自動車は不要)
*申請書(当日陸運局で貰えます)
*手数料納付書(同じく陸運局で)
*自動車税、自動車取得税申告書(こちらも当日陸運局内にある事務所で用意できます)
*自賠責保険証明書

以上になります。軽自動車の場合は新所有者、新使用者、旧所有者の印鑑、新所有者の住民票が必要になります。
用意出来ましたらまずは車庫証明を最寄りの警察署に申請します。警察署で車庫証明の申請に必要な書類を貰い、記入したら再度警察署に行って申請します。費用は普通自動車2600円程(地域によって違うようです)、軽自動車は500円です。車庫証明書が出来るまでは普通自動車で大体4日かかりますが、軽自動車は当日出来上がる事が多いです。

陸運局での申請

車庫証明が出来上がったらいよいよ陸運局へ向かいます。それぞれの地域の管轄の陸運局で行います。もしナンバーが変わるようでしたらその車に乗っていくようにして下さい。なお軽自動車については管轄の軽自動車検査協会にて行って下さい。

*申請書を作成する
陸運局に到着したら申請書を購入し、書き込んでいきます。でもこれが結構細かく、分かりずらいので大変な作業になるかと思います。地域によっては個人で申請する方の為の、専門のお手伝いをしてくれる職員さんがいますので、お願いして手伝ってもらいましょう。

*ナンバーを外して返納(管轄外のナンバーの場合)

申請書類一式を提出

*
全て記入し終わったら、よく確認してから提出します。書き損じがあるとやり直すことになりますので、誰かに確認してもらいましょう。

*隣接の自動車税事務所で取得税、自動車税の申告、納付
陸運局の方が教えてくれますので、指示された場所で行えば大丈夫です。

*ナンバー取り付け
新しい車検証が出来上がり、ナンバーも新しい物を取り付けます。自分でドライバーで取り付けると、職員が封印作業をしてくれます。ナンバーが変わらない方はこの作業は必要ありませんし、車検証を受け取って終了になります。

これで名義変更は終わりです。以外に簡単に出来ますし、費用も全部で3,000円程しかかかりません。自分で行う事で自信もつきますし、何より節約になります。お勧めしたいと思います。





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29