空き家対策特別措置法について解説

bee4b4e88713d052e5c9578ed584fdeb_s

「空き家対策特別措置法」とは?

平成27年2月に施行された「空き家対策特別措置法」は田舎などに空き家を持つ家主にとっては、良く把握しておかなければならない法律です。

現代です問題となっている空き家について、その安全性と周囲に悪影響を及ぼすことがないようにするために作られた法律です。家屋は年月が経過すれば朽ちていきます。

その朽ちた壁家主屋根が周囲の人に危害をもたらす恐れというものがあります。物理的損傷と危害はもちろんのこと、景観上、防犯上、衛生面でも問題になっていきます。

空き家が多い街はあまり印象が良いものではありません。

〜なぜ空き家が増えた?〜

どうして空き家が増えていくのでしょうか?

皆さんご存知の通り、人口は減少傾向にあります。それに伴い、「世帯数」も2019年をピークとして下降線を辿ります。

世帯数が減少すれば、そこに住む人も少なくなるため空き家が増えていくのです。高齢になると高齢者施設に入居する人も増えます。

また、固定資産税の問題もあります。土地は建物があれば固定資産税が優遇されますが、建物がない場合最大4.2倍に固定資産税が膨らんでしまいます。

だから土地を維持するために建物をそのまま維持している人が増え、空き家が増えていくのです。こうした現状を踏まえて、空き家対策として法律が作られました。

〜 「空き家対策特別措置法」の中身〜

「空き家対策特別措置法」は市町村に空き家対策としての法的根拠を与える役目をしています。

国が制定した指針の元に、市町村はそれぞれの市町村で空き家に対しての施策を制定することができます。国が制定した指針は条文として示されています。

条文は5つあり、
1、地域住民の生命、身体又は財産を保護する。
2、(地域住民の)生活環境の保全を図る 。
3、空家等の活用を促進する 。
4、空家等に関する施策を総合的かつ計画的に推進する。
5、公共の福祉の増進と地域の振興に寄与する。があります。これを元に市町村が施策をするのです。

〜具体的な影響〜

「空き家対策特別措置法」により具体的入居どんなことが私たちに影響してくるのでしょうか?

まず最初に影響が出てくるのは、空き家そのものの管理について市町村が指導、や通告、助言ができるようになったため、行政からこれらのアクションがあれば、家主は対応しなければならなくなりました。

これにより放置されて危険な状態にある家屋を是正することができます。またこの改善通告があると、固定資産税の優遇がなくなり、解体した方が税が安くなるケースも出てきます。

固定資産税のために解体しないのではなく、通告を受けたら解体した方が良い状態となります。

またそのことにより、土地や建物をそのままにするという考えが減り、何らかの形で活性化させ、不動産市場に動きを与えるという国の思惑もあります。

廃墟のような空き家を増やすことは国にとってもあまり喜ばしいことではありません。私たちが安全に気持ち良く暮らすために作られた法律だとも言えます。

空き家の査定額が45秒で分かるスマイスター(完全無料)

sumaistar1
利用者数350万人突破の不動産無料一括査定サイト「スマイスター」を使います。

こちらのサイトは大東建託、センチュリー21を初めとした大手不動産業者や地域密着の全国不動産業者1200社最短45秒で終る入力で査定見積もりを依頼することができます。

最大6社の査定見積もりを比較して簡単に最高額で査定してくれる業者を見つけられます!
まずは自宅の査定額を知りたいという方は入力欄に下記のように入力すれば大丈夫です。

satei
不動産無料一括査定で比較するだけで1000万円以上差があったというのも珍しくはありません。

通常不動産の見積もりを取ろうとすると不動産業者に何度も足を運んだり、やり取りを何度もしなければいけませんがスマイスターなら住所を入力するだけで驚くほど簡単にできます。

実は今東京オリンピックマイナス金利の影響で全国的に不動産価値が上昇しています。

この状態がいつまで続くか分かりませんので不動産価値が気になる方は今のうちに無料査定見積りだけでも試してみた方がいいですよ。

satei2





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29