リップルコインの特徴と魅力について

スポンサーリンク

110288c12856e6de4e8ae21807097c32_s

【リップルコインとは】

聞いたことがない人がほとんどたと思いますが、時価総額ランキングサイトでリップルを探そうとすると、Rippleと記されていますが、仮想通貨の名称ではないです。

サイトや書籍では、Rippleと表記されているものは、リップルラボ社が提供する決済サービスやシステムそのものの名を指しています。

【リップルコインのメリット】

ビットコインの後に次々に仮想通貨が発表されていますが、無数に世に出された仮想通貨のうちでも市場で求められるものは、確固とした特徴があります。

仮想通貨全般的にみると、メリットというのが送金手段で、法定通貨での送金と比べた時に送金スピードの段違いの速さという点や送金手数料がゼロに等しいという点です。

ビットコインとリップルコインを比較すると、ビットコインは取り引きの際には、一件あたりに10分ほどの時間が必要になり、ビットコインの大きなウィークポイントのひとつとして指摘されています。

リップルでは、わずか数秒で取り引きを完結させることができます。リップルコインのメリットだと言えます。

【リップルコイン誕生と存在意義】

送金スピードが、基軸通貨ビットコインよりも圧倒的に速いリップルの開発された意味として、リップルはビットコインとは全くちがった概念のもとに作られた仮想通貨でした。

リップルにはビットコインと異なり、母体となるリップルラボという会社が存在していて、取り引きの承認手段にしても、ビットコインとは違ってブロックチェーンを使用する事なく、リップルラボ社によって行われます。

ブロックチェーンを使用していないので、即時の送金が可能になっています。銀行や金融機関と提携して、国際送金を安い費用で、速いスピードで簡単に、24時間365日送金可能にしたシステムというのがリップルで、使われる仮想通貨の名前がXRPです。

リップルは、最初から銀行間での取り引きに使われることを前提として開発された仮想通貨と言えます。仮想通貨は、持ち続ける人が多いから価値が上がるという側面をもっています。

世界では人々がビットコインで買い物をするという光景が日に日に増えてきて、人々が持ち続けることに意味を感じるので、需要と供給のバランスから価値は上がる一方と言えます。

リップルは、日本円をリップルにする、リップルを米ドルに交換するという過程では、一時的に保有はしていますが、すぐに手放しています。世界中で行われたときには、一時的な保有であったとしても、使用頻度や流通量がもはや驚異的になることは必然と言えます。

スポンサーリンク