ブロックチェーンについて。




あまり馴染みのない言葉ですが、ブロックチェーンは、ビットコインなどの仮想通貨と共に出てくる場合が多く、仮想通貨に組み込まれた技術で、最近では取り上げられる場面も増えてきました。仮想通貨だけではなく、金融取引や著作権管理にも同じ技術を応用する取り組みが出て、インターネットに次ぐ技術革新としても注目されています。現在では、新しい仕組みであるブロックチェーンについて、中身までは知られていないのが現状です。

ブロックチェーンの技術

そもそもブロックチェーンは、ビットコインを構成するソフトウェアの一部ですが、ビットコインは通貨の中央集権的な管理機構を持たないで、分散的に管理されていますが、支える仕組みとしてブロックチェーンと呼ばれるようになりました。

ブロックチェーンは、取引の履歴を記録するデータベースを一ヵ所で管理せずに、多くの場所で同じデータベースを保持しながら管理していて分散型台帳とも呼ばれています。

ブロックチェーンでは記録する際に情報のブロックを作っていくので、一つのブロックと次のブロックの繋がりを示すハッシュ値を組み込んで、鎖の形のように次々と連ねることがブロックチェーンの由来と言えます。

ブロックチェーンを使用して、取引を記録、管理することで改ざんが極めて困難になり、実質的にゼロダウンタイムなどの信頼性の高い安定したシステムを比較的低コストで構築できると言えます。

ブロックチェーンのシステム運用コスト

従来の金融機関業務にて利用されるシステムは、取引の整合性を認証するために大規模なコンピュータ端末を設置して、運用のために多くの電力や運用のための人的コストを必要としました。

海外への送金には手数料が必要になる場合もありますが、ブロックチェーン技術を利用することで、管理専用の端末を用意する必要がなくなります。

ブロックチェーンシステムがP2P技術を用いているためネットワークに参加する端末全てにデータ履歴が分散され保存されているので、特定の端末が取引の正当性を保証する必要がないからです。

ブロックチェーン技術は海外でもリップルシステムを銀行などが導入に好意的な理由で、株式などの証券取引システムへも導入が進んでいます。

ブロックチェーンについての今後の期待

現在では多くの団体、企業により研究開発が進んでいて、仮想通貨としての利用だけではなく銀行など金融機関の送金システムや証券取引用システムや企業のバックオフィス業務の効率化などでの利用可能性が期待されているブロックチェーンです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク