仮想通貨 ライトコインについて

スポンサーリンク

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

ライトコインの特徴

現在仮想通貨は1000種類近く存在すると言われていて、その中で最も知名度が高いのがビットコインです。ビットコインは2009年に公開され、その2年後の2011年に元GoogleエンジニアであるCharlie Lee氏が公開したのがライトコインと言えます。基本オープンソースと言えるビットコインを基準としていますが一番の特徴はビットコインの4分の1の2分半程で送金が完了する事です。

ライトコインは日常的に利用することに重点を置いて開発されています。ビットコインは送金に10分程時間がかかりますが、このスピードでは日常的な商品を購入したり食事の支払いなどには使用することは出来ません。だからこの点を改善する為に開発されたのがライトコインということが出来ます。

ライトコインのメリット

ライトコインのメリットであり、最大の特徴がビットコインの取引承認時間が10分なのに対してライトコインは2.5分程に短縮された事です。

その為にスピーディな取引が出来るようになり、コンビニや食事といった日常的な支払いにも利用することが可能になりました。

さらにライトコインは埋蔵量が8400万枚もあり、この量はビットコインと比較し4倍と言えます。なので採掘を行う際に特別に能力の高いCPU、採掘専用の機器を使用しなくても発掘することが出来るのがメリットで多くの人に利用しやすい仮想通貨ということが出来ます。

つまりライトコインというのはビットコインを改良し機能が増えて使いやすくしたモノと言えます。現在市場においても取引が盛んにおこなわれていてビットコインに追いつく日も近いのではないでしょうか。将来的に順位が入れ替わる日もくるかもしれませんし、後から開発されたものであってもより使いやすい仮想通貨に人が流れるのは当然のことと言えます。

ライトコインのデメリット

ですが取引承認時間を短縮することは安全性からみるとデメリットと言えます。その訳は取引の承認時間、要するにブロック生成までの時間が短くなることでマイニングの難易度がビットコインよりもかなり低く設定されていると言うことが出来ます。なのでマイニングを行っているマイナーが報酬を入手しやすいのは利点ですが、悪意がある第三者にハッキングされやすいと言えます。

さらにライトコインは初期のアルトコインなので多くの保有者が存在し時価総額ランキングでもかなり上位に位置付けています。ですがドージコイン、モナーコインなどのライトコインよりさらに取引承認時間の短い暗号通貨が登場したことで送金時間の利点はなくなりつつあります。

スポンサーリンク