年賀状の書き方や例文、期限について

お正月といえば年賀状ですよね。親戚や友達に年賀状を送って新年の挨拶をするのではないでしょうか。年賀状はただ書けば良いわけではなくて、それなりにマナーもしっかりとあります。では、年賀状のマナーについて紹介するので知らない人は参考にしてくださいね。

年賀状の基本的な構成

マナーを守ってキレイな年賀状にするには基本的な構成をおさえる必要があります。それは、新年をお祝いする言葉、お世話になった人へのお礼の言葉、今年も去年と変わらず指導やお付き合いをお願いする言葉、相手の幸福や健康、活躍を願う言葉、年号、日付、干支などこれらの構成をしっかりと書き込んでいきましょう。

もちろん全ての要素を入れる必要はないですが、最低限「あけましておめでとうございます」は入れるようにしてください。

年賀状の例文

目上の方に送る場合は丁寧な言葉遣いをする方が良いですね。

例えば「謹んで新春のお慶びを申し上げます 旧年中は大変お世話になりありがとうございました 今年もご指導とご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします 皆様のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げます」と書くと丁寧なので失礼がないでしょう。

しかし、友達や親しい人には少しかたすぎるのそういう人はもう少し略式的な文章だと良いですね。例えば「あけましておめでとう 今年もよろしく 素敵な一年になりますように」と簡単な挨拶でもOKなので関係性で使い分けると良いです。




いつまでに出すのが良いか

年賀状は元旦に届くようにすると理想ですよね。

ですが、年末のギリギリになってからでは元旦に間に合わないのでもう少し早めに出すようにしましょう。元旦に届くようにするなら12月25日のクリスマスまでに届くように出すと良いですね。

また、中には年賀状ではなく、一般はがきなどで出す場合は「年賀」の朱書きを入れないと普通郵便扱いになり、年内に届いてしまうので、注意が必要です。

また、通常年賀状は元旦から松の内と言われる1月7日までに届くようにするのが一般的なのでそこまでに届くように出しましょう。これを過ぎてしまうと寒中見舞いで出さなくてはいけないので、出来るだけ早めに出す事をおすすめします。

このように、年賀状の書き方などを紹介しました。特に自分の文字で書く人は注意が必要なのでマナーをしっかりと守るようにしてくださいね。年賀状は昔からの風習になっているので、丁寧に書くようにしてください。知らない人もたくさんいるので、覚えておいてくださいね。

郵便局の年賀状特集・テンプレートはこちら

https://nenga.yu-bin.jp/?utm_source=japanpost&utm_medium=840_240top&utm_campaign=inbound_link_02