日本郵便の追跡サービスについて

スポンサーリンク
PPC ビッグバナー
郵便の追跡方法

郵便の追跡方法

郵便物には追跡出来るものと出来ないものがあり、普通郵便の場合は記録が付かないようになっていますが、特定記録等のオプションサービスを付ける事によって配達記録が残る事になりますから、それをネット経由で追跡確認が可能です。

もちろん配達状況の分かるような郵便方法を使っていなければ追跡が出来ないですが、大切な書類や品物が相手の手に渡った事が確認出来る形で送る事は重要であり、重要な郵便物に関しては特定記録の申込みをしたり、書留で出す事が望ましく、書留にも一般書留、簡易書留、現金書留等色々な種類があり、引き受けから配達まで記録が残ります。

対面授受によってサインや印鑑を貰うタイプの郵送方法もあり、いずれにしても記録の残る形での郵送物に関しては、レシート等に記載されている番号を使う事で追跡が可能です。

問い合わせ番号を日本郵便のホームページ追跡にて入力すれば配送状況をチェックする事が可能であり、荷物が現在どういう状況なのか知る事が出来ますし、昨今ではオークション等で商品取引を行う方が増えていますが、送り手側はレシート印字された問い合わせ番号入力でチェック可能ですし、受け取る側は送り手から問い合わせ番号をメール等で知らせてもらえれば簡単に追跡する事が出来ます。

書留類やゆうパック、レターパック、EMS等に固有番号が付いていますし、この番号さえあれば送り手も受け手も双方荷物の追跡が可能であり、郵便局ホームページからの検索では、受付局や中継局、配達局とどの地点に荷物が進んでいるか状態を知る事が可能であり、これらの状態はリアルタイム表示されているわけではなく、配達員の事務処理を行ってから反映される事になっています。

荷物がどの局を経由しているか知る事も可能ですし、配達が完了したのか、不在留置されているのか、再配達を予定しているといった状態を追跡出来ますから、非常に利便性が高いサービスとなっており、安心して荷物の状況を知る事が出来る仕組みになっています。

荷物の種類や重要度に応じて郵送方法に違いがありますから、記録が残らないタイプの郵送物に関しては途中経過をチェックする事が出来ないです。

荷物がいつ届くのか、本当に郵送されているのかは、こうした追跡サービスを活用する事で簡単に解りますし、追跡画面で保管と記載されている場合は、店舗窓口で受け取る事が可能な状態であり、受け取った後には窓口でお渡しというように表示されます。

パソコンや携帯、スマートフォン等のようにネット接続環境と端末があれば確認可能ですから、外出時でもチェック出来る仕組みです。

日本郵便 再配達受付はこちらから

http://www.post.japanpost.jp/index.html