厚生年金の制度について解説

厚生年金とはどんな制度なのか?

厚生年金とはどんな制度なのか?



給料明細をみると国民年金と厚生年金があり給料から天引きされています。しかし、厚生年金がいったいどういうものなのかが分からないという人も意外と多いです。

では、厚生年金とはどういうものなのかというと、会社員など会社勤めの人が加入してる制度でこちらに加入していれば自動的に国民年金へも保険料が拠出されます。

厚生年金は保険料を会社が半分負担してくれるので、とてもありがたいです。
何故厚生年金を払う必要があるのかというと、それは老後にもらえる年金の金額のためです。どれくらい年金がもらえるかというのは期間や給料によるので人それぞれなのですが、40年間保険料を支払い続けた場合には16万円〜20万円が毎月支給されます。

毎月数万円の保険料で老後になると16万円〜20万円がもらえるので、なくてはならない制度になります。また、厚生年金や国民年金に加入しているのは老後の安心につながります。

そして、日本の公的年金制度は、社会保険方式を採用しているので、20歳〜60歳までの人が払う保険料を基本としており、国庫負担を組み合わせることで運営しているというシステムになっています。

そして、誤解している人もいると思いますが、少子高齢化が進んでいるため今の若い人たちの年金はないと思っている人もいますが、年金は働いている世代が払っている保険料だけで運営されているわけではないので、誤解しないようにしましょう。

現在は国民年金への国庫負担の割合が3分の1になっていますが少子高齢化の影響もあり足りなくなってきているので、将来は年金給付に占める税金の割合が2分の1になることが決定しています。

しかしもっと先には2分の1でも足りなくなるという可能性があるので、例えば消費税を年金資源に当てるなど将来の年金制度が問題になっています。

この年金制度を毎月給料天引きで支払う事により、老後に老基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の3種類の年金を将来もらうことができるので、きちんと払う事が大事です。

簡単に言えば自営業者が加入する国民年金は1階建ての国民年金、サラリーマンが加入する厚生年金は1階建ての国民年金プラス、2階建ての年金になっているというわけです。

サラリーマンは厚生年金と国民年金に自動的に加入している事になります。今は、年金が平均で16万円〜20万円もらっていますが、将来は40年間同じ金額を収めているのに、月に10万円ほどしかもらえないという未来もそう遠くはないです。

そうした中生き残るために年金制度ばかりをあてにしないで自分で収入源を得る行動を起こさなければいけません。今後の厚生年金などの動向を確認しながら生活していくことが大事です。

厚生年金受給額シュミレーションはこちらからできます

http://www.dcnavi.jp/shinkin/F0600/F0406/html/F0406_01.asp

日本年金機構ホームページはこちら

http://www.nenkin.go.jp/

日本年金機構 事務センター一覧はこちら

http://www.nenkin.go.jp/denshibenri/setsumei/20150318.files/20160401.pdf





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29