ようつべって一体なんの事?




ようつべって一体なんの事?

ようつべって一体なんの事?

ネット内で「ようつべ」といった言葉をあちこちで見かけます。一体何のことか分からない人も多いことでしょう。

実はこの「ようつべ」とは、動画サービスサイト「YouTube」をローマ字読みにしたネット用語です。ようつべ=YouTubeと聞けば、ああ、なるほどと思う人が多いのではないでしょうか。

YouTube(ようつべ)は、アメリカのカリフォルニアにあるYouTube社が運営している、世界規模の動画の共有サイトです。自分で撮影、作成した動画をアップして公開したり、他の人が投稿している動画を自由に見て楽しむことができます。基本無料となっていますので、手軽に利用できる動画サービスとして、世界中で多くの人が活用しています。

YouTubeの使い方は簡単です。まずは、YouTubeのホームページにアクセスして、サイトを開きます。URLを知らなくても、検索エンジンで「YouTube」「ようつべ」と検索すれば、ほぼトップに検索されてくるので、そこからサイトへ移行することができます。

サイトが開くと、いきなりお勧めの動画一覧が並びます。視聴回数の多い動画や、過去チェックしたことがある動画に関連した動画が並ぶようになっています。上にある検索バーにキーワードを入れれば、関連動画をすぐに検索することができます。動画の閲覧はログインすることなく行えます。

動画をアップして公開するためには、アカウントを取得してログインする必要があります。ログインすることによって、動画を投稿できるだけでなく、マイチャンネルを作成したりできます。マイチャンネルを作成することで、お気に入りの動画リストを作成できるので、より動画サイトを楽しめる要素が増えます。また、自分で作成した動画を使って、広告収入を得る事も可能となっています。

YouTubeのメリットは、手軽に動画を共有でき、楽しめる点です。閲覧だけならログインは必要ありませんので、いつでもどこでもサイトにアクセスして楽しむことができます。

YouTubeの機能で便利なのが、過去の視聴記録からお勧めの動画をピックアップしてくれたり、今見ている動画に関連した動画の一覧が列挙されるサービスです。こうしたお勧め動画の中には、思わぬ掘り出し物が隠れていることもあります。

また、気に入った動画を自分のブログで紹介することもできます。動画の下にある埋め込みコードを取得すれば、簡単にブログに画像を埋め込むことができます。この他「Twitter」や「Facebook」といったSNSと動画を簡単に共有することも可能です。さらに、動画に対してコメントしたり、評価したりできる機能もあるので、動画を通じたコミュニケーションを広げることもできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。