ドラフトの意味って何?

ドラフトの意味って何?

ドラフトの意味って何?



ドラフトというキーワードを聞いた特に意味がよく解らなくてもスポーツのドラフト会議を思い浮かべるという方は少なく無いです。

ドラフトというのは色々な意味を持っていて、国内で使用される意味としては人選、設計図、草案、下書き、隙間風等色々とあり、英単語ではもっと色々な意味合いを持っている言葉と言えます。

色々な意味を持つドラフトですが、語源は元々ラテン語の「寄る」「引く」という言葉の意味があり、線を引くというような使い方から設計図や草案の意味にもなっていき、最も日本人に馴染みのあるプロ野球等のドラフト会議では、新人を選別して引っ張る会議となります。

各球団が欲しい新人をリストアップして、最後はクジ引きで引き当てる事になりますが、国内プロ野球だけではなく、世界中の色々なプロスポーツ競技でもドラフト会議が展開されています。

期待の新人を引きたいと表現するプロ野球球団の上層部が語りますが、どこの球団がどの選手を引くかというのは毎年非常に注目されるものであり、プロ野球のドラフト会議はニュース等でも大きく取り上げられるイベントです。

パソコンを使っているとメールを使う事は一般的ですが、メールフォルダのドラフトというものは下書きの意味合いを持ちますし、ビジネス現場等で設計図をドラフトと表現する方も多く、設計図をドラフトと表現している所では下書きとは意味が違ってきます。

作家や分筆業の方にとってのドラフトというのは第一草稿や下書きであり、第一ドラフト、第二ドラフトと初稿の下書きから何度も直して完成させていく事になるものです。

ラフドラフトと表現する事があり、未完成でまだ見せれる状態では無いような下書き以前の下書きのような意味でも使われる事があり、ラフドラフトしか出来ていないと言う時はまだ見せるような状態では無いという事でもあります。

空気を引く意味合いから隙間風や通気を表現しており、空気が流れる感覚からドラフト感と表現したり、ドラフトビールは生ビールを示しており、樽から引く事からそうした表現になっています。

非常に色々な意味合いで使われる言葉ですが、語源の「引く」から様々な意味を展開しているものがドラフトであり、業種や職種によって違う意味で捉えてしまう傾向がある言葉です。

徴兵や選抜の意味合いが一般的に理解されているドラフトであり、職種によって使い方に違いがある事から勘違いを産む事もありえる言葉と言えます。





Fatal error: Call to undefined function activate_plugin() in /home/grsinternet/yokohama-web.net/public_html/wp-content/mu-plugins/just.php on line 29